プーケット日本人会の成り立ち

1990年 在住の有志16名でプーケット日本人会同好会として活動を始める。この間、忘年会の開催、在タイ日本大使館領事部出張サービス等のお手伝いを始める。プーケット日本人会 発足 会長含め理事6名、監事1名。大使館の応援を頂き有志の会合を開き、会としての活動方針を定め組織を明確化して活動を行うことになる。以下、発足時の活動方針。
1997年06月 1.プーケット日本人補習校設立の為の活動。
2.大使館出張サービスの継続とプーケット駐在館事務所設立に向けての誘致運動。
3.日本人相互の親睦、情報交換の場。
4.緊急連絡体制の確立。
1997年10月 第1回会報誌発行(後のパカラン)
賛助会員 8社
会員 56名
1998年05月 補習校設立に向け積極的に活動開始。会員 88名(含む子供20名)。
1998年09月 子供達が日本語に触れ合うことを目的に勉強会を始める(プーケット補習授業校の前身)。
1998年11月 図書,ビデオ貸し出しサービス始まる。
1998年12月 労働福祉事業団による、第1回海外巡回健康相談が行われる。
1999年04月 文部科学省教育助成局海外子女教育課へ補習校認可申請。
1999年05月 会員数100名超える。会員 115名(含む子供21名)
2000年02月 プーケット日本人補習授業校認可。日本の教育制度に準じ日本語による補習教育を行い更に日本の文化、行事にも触れることが出来るよう四季を通して様々な活動を行う。週1回毎土曜日開校、幼稚部9名、小学部17名、中学部9名。
2000年04月 財団法人海外子女教育振興財団へ小規模校援助事業援助申請。
2001年05月 小規模校援助事業援助申請許可
2004年02月 第一回日本人祭り開催

2005年1月

2月 

06月

町村信孝外務大臣来局。邦人保護と大使館業務への協力に対し感謝状を頂く。

 

小泉純一郎内閣総理大臣に面談し、復興支援要望書を手渡す。

第二回日本人祭り開催

プーケット日本人会、外務大臣表彰受賞。

 

2005年12月

2006年4月

2008年3月

2012年
6月

2013年
11月2日 

2013年11月   

 

カマラ慰霊之碑除幕式    


日泰修好60周年記念事業・加藤登紀子コンサート開催


第三回日本人祭り開催

 

第1回ジャパンフェスティバル協賛


プリンス・オブ・ソンクラーン大学(PSU)に事務局移転


プーケット日本人補習授業校がPSUキャンパスに移転し後期授業開始


日本人会事務局がJASSO日本学生支援機構の日本留学促進情報公開拠点に指定される

プリンタ出力用画面